猫グッズとアクセサリー中心のお店です
保護猫カフェ Dear Cat さんに行ってきました
2017年01月23日 (月) | 編集 |
今日はうちの猫の病院が終わってから、
生駒にある保護猫カフェ [Dear Cat] さんに行ってきました。
猫の保護や譲渡をされていて、以前からとてもとても気になっていました。
私は、飼育頭数の制限のある物件に住んでいること・闘病中の猫がいる
など、いくつかの理由があり、新たに猫を迎えることはできませんので、
せめてもの気持ちで猫ちゃん達にお土産(フードなど)を持っていくことにしました。
ドアを開けると元気いっぱいの猫達がたくさん目に飛び込んできました。
カウンターの上で寝ているのはシャンティちゃん🐱
DCシャンティちゃん

この子はTwitterでよく拝見していてとても会いたかったエースちゃん。
8ヶ月だそうですが、肉付きが良く立派な体つきで可愛かったです。
広い店内をのびのびと動き回っていました。
DCエースちゃん

さくら耳のニコちゃん。
ちょっぴり臆病だそうですが、そっと手を近付けてみると
鼻でツンツンしてくれました。 嬉しい^^
DCニコ

まだ子猫の美月ちゃん。おすまし顔。
DC美月ちゃん

美月ちゃん、すましていたかと思ったら、じゃれついてきたり
膝に乗ってくれました。
DC美月ちゃん2

カフェの中では年長さんのさくらちゃん・アキラくん。
ちょっと眠たげでしたがブルーの瞳が綺麗です。
一番年長のソフィアおじいちゃん(推定19歳)も、メーメーと鳴きながら
すり寄ってきてくれて、とても愛おしい気持ちになりました。(写真は撮り逃しました…)
DCさくら・アキラ

ぴったりと寄り添うこんぶちゃんとバロンちゃん。
バロンちゃん(黒猫)は1本だけ白いおヒゲがチャームポイント。
DCこんぶ・バロン

お話しを伺っていると、今までに本当にたくさんの猫達が卒業していっているそうです。
つまり、新しい家族に迎えられ幸せに暮らしているということです(*^-^*)
様々な環境下にいた猫達が今幸せになれているのは、Dear Cat のオーナー様のご尽力はもちろんのこと
ボランティアさんや里親さん、お客さんなどのたくさんの優しい気持ちがあるからこそだと思いました。
家族として迎えられるのは一番良いですが、
カフェの店内もとても広くて猫達がのびのびできるし、少し怖がりさんでも落ち着いて過ごせる場所があったり
とても配慮が行き届いているのを感じました。

チャリティグッズも購入(^^)
素敵なポストカードとチャームです。
DCグッズ

人間も猫も心地よいお店でした。
このように、行動してくださる方がたくさんいらっしゃることに
感謝でいっぱいになります。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック